TCOLA ウェブサイトへようこそ!

大腸がんの生存者として生きるには、持続的な身体的·心理的症状の苦痛が伴う。例えば、痛み、下痢、便秘、直腸出血、腹痛、疲労、機能低下、睡眠障害、性欲の変化、認知機能の低下、心理的苦痛がある。これは全体的な生活の質に影響を与え、回復過程を難しくする。

大腸がんの生存、特に初年への移行も激動の経験として描かれている。生存者たちは、持続的な身体症状の痛み、人生の意味の変化、不確実性、再発の恐れと生命を脅かす病気で生き残ることの喜びとのバランスを取ろうと努力している。特に、ストーマ(気孔)を持つ人々は機能性と身体イメージの変化に適応しにくい場合がある。

男性生存者に比べて身体イメージの変化で女性生存者の心理的苦痛が大きい。さらに、女性生存者は友人や医療提供者、家族の社会的支援が減り、家族や友人の「正常」への復帰することの期待に挫折感を訴えるケースも多い。女性生存者は、満たされない支援に加え、満たされない情報を頻繁に報告する。

本研究は、アメリカに居住するアジア人を募集するためのものだ。

Tcola logo100      Son hz h70